メインイメージ

自分で動かして移動できる喜びと大切なこと

今や自動車は一家に一台から一人に一台の時代になりましたね。
形も様々でセダンタイプやスポーツタイプ、ワゴンタイプなどが出ています。
免許を取得して10年も経つと取得したばかりの頃のドキドキ感を忘れてしまっている方も多いのではないでしょうか。
この鉄の塊を自分でエンジンをスタートさせて自分でアクセル、ブレーキで操縦して行きたい場所へ行けるその感覚や喜びはなんとも言えませんよね。
ただし、安全面には気を付けなければいけません。
愛知県は自動車王国で保有台数においても全国一位ですが、事故件数においてもワーストワンなのです。
速度制限を守るというのは基本的なことですが、周囲の流れに乗るということも大切なことです。
そのためにルームミラーやサイドミラーがあります。
確認することで、バイクの存在や後続車との距離や有無を知ることが出来ます。
メンテナンスに関しても、特に遠出をする時には気を配らなければなりません。
バッテリーは大丈夫か、ブレーキパッドは消耗していないか、などです。
そしてタイヤもしっかり確認しましょう。
すり減ったタイヤで高速道路を運転していては大変危険です。
周囲のドライバーにも迷惑を掛けてしまいかねません。
安全面やメンテナンスを十分に気を付けながらドライバーライフを楽しみましょう。

初心者でも簡単にできる自動車のメンテナンス!

自動車には様々なパーツが利用されており、そして機械の部分が多いという事もあり、メンテナンスは難しいというイメージを持っている方も多い事でしょう。
確かにエンジン回りは複雑な機構になっていますので、車に対しての知識が無いと手を加え難いものです。
しかしながらメンテナンス初心者の方でも簡単にチェックできる箇所もあるのです。
簡単にチェックできる箇所としてはタイヤが挙げられますが、タイヤのチェックポイントとしてまずナットがきちんと装着されてるかどうかです。
タイヤはナットによって車体に装着されている訳ですが、時には走行中に外れて大事故になってしまうような事もあるのです。
その為、定期的にナットの緩みをチェックし、状態を確認した方が安心と言えます。
他にもタイヤのチェック箇所としてゴムの溝です。
タイヤはゴムによってできていますのですり減っていきますが、すり減った状態ですとグリップ力がありませんのでスリップし易くなります。
溝の残量をチェックする方法ですが、タイヤのゴムにはスリップサインという目印がありますので、サインが出ているようならタイヤ交換をした方が良いでしょう。
続いて挙げられるのがバッテリーです。
バッテリーによって自動車は動いている訳ですが、寿命が近付いている場合ですとエンジンが掛かり難くなったり、バッテリー上がりを起こしてしまいます。
その為、定期的に状態をチェックした方が良いと言えますが、その際にはテスターがあると便利です。
接続するだけで電圧のチェックが可能ですので、どなたでも状態を確認できます。

recommend

プロテイン

かつらの販売(福岡)

line id 掲示板

まつげエクステをフランチャイズ事業に

アンティーク家具をお探しなら

2015/7/9 更新

Copyright © 車でドライブ! All Rights Reserved.